千 昌夫

岩手県・陸前高田市出身。昭和40年高校2年の春休みに上京、その足で作曲家遠藤実先生の門をたたく。再三の断りにもめげず、粘り勝ち、門下生となり内弟子として修行開始。昭和40年9月ミノルフォンレコード発足と同時に男性第一号として、青春歌謡でデビュー。

デビュー曲『君が好き』3枚目のシングルB面『星影のワルツ』(昭和41年3月発売)が昭和42年の秋、全国各地の有線放送で火が付きヒットの兆し。昭和43年2月第一プロダクションに所属同年『星影のワルツ』が大ヒット・ミリオンセラーとなりその年《NHK紅白歌合戦》に初出場。その後『君がすべてさ』『アケミという名で十八で』『夕焼け雲』等のヒット曲を出し昭和52年4月『北国の春』発売2年間辛抱強く歌い続け、大ヒットに結び付ける。『星影のワルツ』に続き2曲目のミリオンセラーとなり《レコード大賞ロングセラー賞》受賞。

主なヒット曲『星影のワルツ』『夕焼け雲』『北国の春』『味噌汁の詩』『望郷酒場』『夕焼け雲』(新録音)『津軽平野』『あんた』『望郷旅鴉』『おやじ先生』『めおとの旅』(千昌夫&阿部三登里デュエット)『夢追い人』『夢のしずく~俺だって君だって』