Your Friends/スケッチ

「元気をもらった歌」といえば、新潟市秋葉区を拠点に活動する2人組男性ポップユニットYourFriends(ユアフレンズ)の「スケッチ」という曲です。三年程前に、姉がラジオで流れたワンフレーズが気になり、その年に開催された「秋の音」という自身主催の野外音楽イベン(以下折り返し表示 文字数設定の上※要相談)

トに誘われてから、姉と共に音楽によって、ワクワクする時間が間違いなく増えました。

「スケッチ」は元気になれるだけでなく、胸にグッとくるものがあります。日々の生活の中では、肩にのしかかる悩みはそう簡単には解消されないこともあるけれど、この曲の歌詞にあるように、「時は待ってくれなくて…」でも「自分のペースで行けば大丈夫」と。それなら、自分自身が今、思い描いてた小さな事も、前向きに楽しんで始めたらいい、と大きなきっかけ、チカラになっています。他にも「ハレルヤ」「PUSH(プッシュ)」「ヒダマリ」、今年の新曲「青」も背中を押してもらえる応援ソングです。リアルライブを応援する素晴らしいプロジェクト!!ユアフレンズのステージライブをぜひ応援したいです!


新潟市西区/60代/ニコりん♪

最新記事

すべて表示

小田和正/あなたを見つめて

結婚式で使用した曲です。3人の子どもにも恵まれ、さあこれからという時、夫は心臓発作で突然この世からいなくなりました。いつもこの曲に励まされて、あれから21年間、ここまで生きてきました。小田和正の音楽に出会って45年間、今も現役の小田さんが私の人生の道標です。 新潟市中央区/50代/ふぁーいーすと