久保田リョウヘイ

注目の次世代楽器”ハンドパン奏者”久保田リョウヘイ(現在23歳)

美しい癒しの音色を奏でる新世代アーティスト。ヨーロッパ6カ国での演奏、

FUJIROCK FESTIVAL2019など県内外の音楽フェスに出演。

様々な音楽家、DJ、ヨガ・マインドフルネスとのセッションやハンドパンの体験会など幅広い活道を行っている。

一度聴いたら耳から離れない癒しの音色を体感下さい。

現在国産ハンドパンの製造が燕三条で進行中!


《ハンドパンとは》

ハンドパンとは2000年にスイスで発明された、金属板を2枚重ねた形状の楽器。素手で叩いてリズムやメロディを鳴らす。

打楽器とメロディ楽器両方の魅力を備えている事から新世代楽器と呼ばれ、欧米を中心に熱い注目が集まっている。

現在新潟県燕三条にて、鍛金の技術をアップデートしハンドパンを製造するプロジェクトが進行中。

2022年春、新潟県初の楽器メーカーの誕生を控えている。